借金問題解決のために弁護士に代理人になってもらうことの有用性

借金問題は弁護士に頼めば解決してもらえるという話はCMやインターネットで見聞きしたことがあっても、実際、どのような流れで依頼するのかよくわからないという人がほとんどでしょう。また、借金問題をなんとかしてくれるといっても、具体的にどう解決してくれるのか知っている人も少ないかもしれません。

ただ、弁護士ならうまく処理してくれるというのは本当です。

弁護士が代理人になると貸金業者が任意整理の和解交渉に応じてくれる

借金に悩んでいるという相談を弁護士にした場合、具体的にどのような方法で解決に導いてくれるのでしょうか。まず、弁護士が依頼者の代理人となり、債権者である貸金業者などと話し合って和解するという方法があります。

これは任意整理と呼ばれるもので、債務整理の方法としてはかなりポピュラーなものです。弁護士が代理人になってくれるメリットは非常に大きく、まず返済できずに激しい取り立てを受けていた場合はそれが完全に収まります。

また、利息と元金を合わせた金額を一括で返済しろと迫られていた場合は、元金のみの分割払いでいいという条件で和解することができます。債務者本人やその家族が貸金業者に対して、「いつか必ず返済するので取り立てはやめてほしい」とか「債務を元金だけにしてくれないか」と頼んでも間違いなく無視されるので、それだけ弁護士の力が強いということなのです。

自己破産をする場合は難しい手続きを代行してくれる

破産手続きの代行も弁護士に頼めば行ってくれます。自己破産は債務者が自分で手続きを進めていくことも可能ですが、裁判所に提出しなければならない書類がたくさんありますし、その書類の書き方もいろいろと難しいので、弁護士と一緒に進めていった方がスムーズです。

例えば、自己破産を申請する場合は反省文を書かなければなりませんが、文章を書くのが苦手な人でも弁護士が具体的な文面を考えてくれます。なおかつ、破産しても残せる財産と残せない財産はどういったものかというのも教えてくれます。

また、任意整理の場合と同様、弁護士が債務者の代理人となって債権者である貸金業者に対して連絡を取ってくれるので、依頼した時点で督促も止まります。貸金業者が債務者に嫌がらせをするために、破産手続きを進めているとわかっていて裁判を起こしてくるかもしれませんが、そういった緊急事態に陥ってもうまく対処してくれるでしょう。

債権者に裁判を起こされても出廷しなくて済む

任意整理や自己破産をする前に貸金業者に裁判を起こされてしまったという場合も、弁護士を代理人にすることで解決を図ることができます。弁護士が代理人になれば債務者自ら出廷する必要はなく、貸金業者と顔を合わせたり、法廷内でさらし者になったりすることを避けられるというのも大きなメリットといえるでしょう。

ただ、債務者が約束通りに借金を返済しないという理由で起こされた裁判というのは、契約に著しい不備があったとかそもそもお金を借りたのは別人であるといった特殊なケースを除き、ほぼ原告の勝訴で終わるので誰が出廷してもあまり結果は変わりません。

また、こういった裁判は判事が和解を進めてくることが多く、その場合は債務者本人が出廷した場合でも借金を分割で返済していくという内容でまとまることがほとんどです。

『一括請求された借金を分割にしたい場合は弁護士に相談するとよい』

過払い金の請求をした場合に満額戻ってくる可能性が高い

貸金業者に払いすぎた利息を取り戻す過払い金の請求も弁護士に代理人になってもらうと比較的スムーズに進みます。債務者だった人が自ら貸金業者と交渉すると完全になめられてしまう場合が多いです。例えば、実際の過払い金の10分の1や20分の1程度の金額を提示され、「これだけしか払えない」といわれることが珍しくありません。

しかし、弁護士を立てると時間はかかっても満額戻ってくる可能性が高くなります。というのは、弁護士がついていると裁判を起こされた挙げ句、差し押さえをされるなどして対応が面倒になるからです。

どの弁護士に頼んでいいのかわからない場合は法テラスへ

では、どうやって弁護士に代理人になってもらえばいいのでしょうか。まず、どんな弁護士に頼めばいいのかまったくわからないというのであれば法テラスへ行ってみましょう。法テラスというのは、一般人が気軽に法律相談をできる場所として設立された組織で、もちろん借金問題の解決も請け負っています。

一般的な弁護士事務所に依頼する場合と違い、法テラスの場合は複数の弁護士が当番制で相談に乗っているので、依頼者が代理人になってほしい弁護士を直接指名するといったことはできません。ただ、任意整理や自己破産の手続きというのは弁護士の実力や経験というのはあまり問われないため、誰に頼んでも問題はないでしょう。

なお、法テラスは予約制になっているため、アポを取らずに訪問すると門前払いを食ってしまいます。したがって、法テラスのホームページで予約状況を確認し、都合のいい日を決めて予約を取るようにしましょう。

『借金を滞納して内容証明郵便がきたら、すぐに弁護士に相談しよう!』

借金問題を解決するという広告を出している弁護士事務所に頼む

債務整理を請け負うという広告を出している弁護士事務所に頼むという方法もあります。単に弁護士事務所という看板を掲げているところと比べて、借金を解決するということを打ち出しているので頼みやすいといえるでしょう。

ただ、宣伝力があって有名な弁護士事務所に依頼する場合、いくつか注意点があります。まず、自宅から弁護士事務所まで遠い可能性があるという点です。債務整理の打ち合わせは電話やメールだけではできません。というのは、依頼者が実際に借金をしている人なのか弁護士が確認する必要があるからです。

メールだけで頼むことができたら、嫌いな人の債務整理を勝手に依頼してその人の信用情報に傷をつけることができてしまいます。直接会っての話し合いは基本的に一回のみですが、あまりにも弁護士事務所の所在地が遠いと、その分交通費がかかってもったいないので依頼するなら近場の弁護士事務所に頼んだ方がいいでしょう。


有名な弁護士事務所に頼むと代理人になってもらうまで時間がかかることも

有名な弁護士事務所は借金を解決したいという依頼者が多く、実際に会えるまで時間がかかってしまうというデメリットもあります。例えば、すぐにでも電話や郵便による督促をやめさせたいのに弁護士に会えるのが一週間以上先になってしまい、それまでの間、督促の電話を受け続けないといけないというのは精神的につらいものです。

債務整理を請け負うという広告は出していない弁護士事務所でも、依頼すれば手続きしてくれるところは少なくありません。できるだけ早く弁護士に代理人になってほしい場合は有名ではない弁護士事務所に頼んでみるのも一つの方法です。